男性であれば一度は経験してみたいと考える不倫や浮気。
新たな恋に身を焦がし、不倫相手との甘い時間に心躍らせたいと思う男性は多いのではないでしょうか。

ですが現実は理想ほど上手くいかないもの。
安直に不倫や浮気に走った結果、最悪な結末を迎えた人は数えきれません。

今回は、そんな男たちの不幸な末路をご紹介します。
現在進行形で不倫中の人は、ぜひご注意を。

スポンサーリンク

既婚男性が不倫・浮気から抜け出せない理由

一度ハマるとなかなか抜け出すのは難しいと言われる不倫や浮気。
ですが、それはどのような理由から抜け出すことが出来ないのでしょうか。

ここでは既婚男性が不倫・浮気に走ってしまう理由、抜け出せない理由について見ていきましょう。

不倫相手が自分のことを男として見てくれるから

多くの男性は「男としてずっと見て欲しい」というプライドがあります。
それは男性が持つ本能とも言えるものです。

既婚男性の場合、結婚生活が長くなってくると次第に妻からは「男」というよりも「お父さん」「主人」といった扱いをされてしまいます。
そこには付き合った当初の男としての威厳はありません。

その点、不倫相手がいつも自分のことを男として認めてくれるというのは、既婚男性にとって一度失ったプライドを再びくすぐられるようなもの。
不倫や浮気から抜け出せない理由となってしまいます。

悪いことをしているスリルを楽しみたいから

不倫や浮気は本人達が同意のうえで楽しんでいても、やはり世間一般から見たらNG行為であり許されないもの。

不倫をしている当人同士も、心のどこかでは悪いことをしているという認識は持ってはいるのです。
ですが「私たち、いけないことしているね」という事実が強烈なスパイスとなって、不倫や浮気にさらに燃え上がらせます。

不倫や浮気は悪いことだけどスリルを楽しみたい、世間にバレない二人だけの秘密の関係でいたいという感情が、不倫から抜け出せない理由になることも少なくありません。

帰宅しても家に居場所がないから

自宅に自分の居場所がないと感じる既婚男性は多いものです。

仕事で疲れて家に帰宅したのだから、せめて自宅にいるあいだは妻や子供と心休まる時間を過ごしたい。
しかし、妻はせっかくの休みの日でも「家事を手伝え」と言い、子どもたちは普段母親と過ごす時間が長いので、父親であるあなたの味方になってくれない、ということは普通の家庭でもよくあることです。

帰宅してもこんな扱いを受け続けると、次第に家に居場所がないと感じてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。
そんな既婚男性は一度不倫や浮気を経験してしまうと、そこが自分の居場所だと感じてしまうでしょう。

不倫相手との身体の相性がいいから

人間の三大欲求といえば、食欲と睡眠欲、そして性欲。
パートナーとの身体の相性というのは、長い人生のなかで無視できない重要な要素です。

そのため不倫相手との身体の相性がぴったりだと、なかなかそこから抜け出せないということが起こります。

さらに、身体の相性が良いというのは身体だけでなく気持ちも寄り添いやすいものです。

スポンサーリンク

不倫を続けた先の悲しい結末

様々な気持ちが錯綜しつつも続けてきた不倫。
しかしどうしてもあらがえない現実が立ちはだかり、突然悲しい結末を迎えることがあります。

人によって迎える結末は様々ですが、その多くは精神的・金銭的に追い詰められ、必ずしもハッピーエンドというわけではありません。

ここからは、そんな不倫を続けた先の悲しい結末についてご紹介していきましょう。

家族からも不倫相手からも見捨てられ一人に

決してバレない自信があっても、ふとした時に不倫はバレてしまうもの。

「別の女性と不倫をしていた。」
そんな事実が妻に知られてしまうと、夫婦関係に取り返しのつかない大きなヒビが入ります。
そして一度失った信頼関係は、ちょっとやそっとのことでは取り戻すことはできません。

不倫をしていた多くの既婚男性は、不倫に未練がありながらも色々と考えた末、不倫関係を清算して夫婦関係を取り戻そう、復縁しようと躍起になります。
しかし一度ヒビが入った関係はなかなか修復できず、そのまま妻側から離婚を切り出されるケースは多いものです。

そして思い悩みながらも自分へのバツとして離婚を受け入れ、改めて不倫相手にやり直しや再婚のアプローチをしてもすでに違う男性と関係が始まっていた、というのは良く耳にする話です。

最終的には家族からも不倫相手からも見捨てられ一人きりになってしまうという、考えたくもない悲しい結末です。

会社・職場での居場所がなくなる

睡眠時間を除けば、一日で一番長い時間を過ごす職場。
だからなのでしょうか。職場での社内不倫に走ってしまうケースは、非常に多いです。

そんな会社や職場での社内不倫ですが、いざ不倫を始めても周囲は同僚や先輩・後輩など共通の知人だらけ。
いつまでも隠し続けるのは不可能だと思ってください。
アイコンタクトや2人の雰囲気で、いずれ社内の人間に不倫がバレてしまうでしょう。

不倫がバレた結果、社内の人間からは陰口を言われたり、あからさまにおかしな態度を取られたり。
また会社によっては不倫を厳しく咎めるところもあるため、最悪の場合、社会常識を疑われて降格、もしくは異動を命じられることもあります。

家庭にも会社にも居場所がなくなる、という最悪の結末になってしまいます。

▼あわせて読みたい

高額な慰謝料と毎月の養育費の支払い地獄

不倫が原因となって離婚することになった場合、多くの場合は妻からの高額な慰謝料を請求されます。
さらにダブル不倫だった場合は、同時に不倫相手のパートナーからも慰謝料を請求されることがあります。

慰謝料の相場は最大で300万円ほど。
決して安くない代償です。

また、もしあなたに子供がいる場合は、妻が親権を持つケースがほとんどです。
その場合、子供が成人するまで養育費を毎月数万円ずつ支払い続けなければなりません。

慰謝料や養育費だけではありません。
離婚するということは、住むところも別にするということ。
マンションの権利はどうするのか。売却して新しく賃貸を借りるのか。
そういったことも考えなければなりません。

諸々にかかる金額を考えると、不倫の代償というのはとても大きいことがわかりますよね。

スポンサーリンク

それでも不倫を続ける覚悟はありますか?

最初は気軽な気持ち、ふとした弾みで始まった不倫だったのかもしれません。

しかし幸せな時間は束の間。永遠に続くことはありません。
ハッピーエンドになることは少なく、多くの場合、二人の人生に大きな後悔を残す悲しい結末になります。

いまは良くても最終的にどうなっていくのか?
見越した上で不倫関係を続けていく覚悟が必要と言えるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事