絶対にバレないようにするつもりだった不倫。
ですが自分は上手に隠していたつもりでも、実は妻の方が一枚上手。
あなたの不倫の証拠が妻に見つかってしまいました。

いくら言い訳をしたって、バレてしまえばそんなの意味はありません。
あなたはそのとき、妻を取る?それとも不倫相手を取りますか?
自分の選択によって、今後すべきことは大きく変わってきますよ。

スポンサーリンク
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

不倫がバレた代償は大きい

不倫がバレたときには、すぐに対策を考えなくてはなりません。
それなのに「不倫くらい妻に謝って許してもらえばいいや」と、安易に考えてしまう人がいます。
単に妻が不機嫌になっているなと思いこんでいたら、後になって莫大な金額を請求されたなんてことも!
不倫がバレたとき、こんなに大変なことがあなたを待ち受けています。

高額な慰謝料

まず気になるのが慰謝料などお金に関すること。
慰謝料は「不倫をしたら◯万円」と明確に決まっているわけではありませんが、最大で300万円にまで膨らんだケースも。
そのため、不倫をされた側(妻)の気持ちを逆なでしないことが大原則。
不倫発覚後も離婚せず一緒にいる場合は、離婚になったケースより慰謝料は低いのが一般的です。
妻との関係を続けたいなら、まずは慰謝料を最小限に抑える工夫をしましょう。

最悪の場合、離婚

とはいえ、不倫によって妻の気持ちが一気に覚めてしまうこともあります。
実は慰謝料と離婚は別。
慰謝料を払ったあとに「別れて下さい」と離婚届を突きつけられた人もいます。

普段話しているときに妻が言っていた「不倫の一度や二度くらい、男の人って仕方ないよね」という言葉を、都合よく鵜呑みにしていませんか?
実際に不倫をされたら、妻もそうはいきません。
「本当に不倫するなんて思ってなかった。こんな最低な男とは別れたい」と言われてしまうかもしれませんね。

子供がいる場合は、毎月の養育費

離婚となり妻が子どもを引き取った場合、あなたには養育費を払う義務があります。
金額は妻との相談の上で決定しますが、妻が専業主婦となるとその額はかなり大きくなりますね。
二人の収入や経済状況を見て養育費が決められますが、子どもがたくさんいる場合には大きな痛手となります。

親兄弟・親戚からの信頼も失いかねない

不倫は夫婦間だけの問題ではありません。
不倫が原因で離婚となった場合、あなたの親戚には必ずあなたの不倫の事実が伝わることでしょう。
また夫婦関係を継続するときには、相手の親戚からの冷たい視線は避けることができません。
彼らに会う度に、不倫について言われることも多々あるでしょうね。
不倫によって、あなたの周囲からの信頼は一気にガタ落ちです。

スポンサーリンク

妻との関係を修復したいなら、バレたときにすべきこと

妻に不倫がバレてしまったら、まずは妻と不倫相手どちらを優先すべきかを考えなくてはなりません。
妻を選ぶなら不倫についての謝罪を行うべきですし、不倫相手側であれば彼女を守る策を考える必要があります。
まずは、家庭に戻って妻に許してもらうためにすることをご紹介しましょう。

不貞行為を認め、誠心誠意謝る

まずはとにかく妻に謝ること。
ここでの言い訳や嘘は絶対に許されません。

ましてや「妻側にも原因があった」と取られるような発言は絶対に避けて下さい。
例えば「子どもに構ってばかりで、俺のこと放っておくからいけないんだよ」「いつも家ではパジャマばっかりで女性としての魅力が感じられなかった」など。

妻に落ち度は1ミリもありません。
悪いのは100%あなただということを自覚し、謝ることが大切です。

不倫相手や経緯など、すべてを正直に話す

変に不倫相手をかばったり、妻に隠し事をすると今後の夫婦生活にも支障をきたします。
包み隠さずに全てを正直に話しましょう。
多少言いにくいことがあったり、妻が傷つくかもしれないと思っても、妻が聞きたいと言えばそれに答えるべきです。

慰謝料など妻の要求を受け入れる

これからも妻と一緒にいたいのなら、不倫に関しての妻の要求は全て受け入れて下さい。
たとえ今後も夫婦生活を継続するとしても、妻が望めば慰謝料は発生します。
「慰謝料が高すぎる」なんてことは絶対に口にしないこと。

不倫を許してもらえただけありがたいと考え、きちんと妻の要求に応えることが大切ですね。

スポンサーリンク

不倫相手を守りたいなら、バレたときにすべきこと

妻ではなく不倫相手を選ぶ場合は、まずは不倫相手を守る行動をすることが大切です。
この場合は妻に全てを正直に話すのではなく、不倫相手が誰かわからないようにしたいもの。
彼女の正体がバレると、直接彼女と話したいという妻もいるので注意が必要です。

バレたことを不倫相手に伝える

不倫相手の女性には、まず妻にバレた事実を伝えましょう。
それを知らないままでいると、妻との話し合いの最中に彼女から連絡が入ってしまうかもしれません。
また不倫がバレてしまった結果、相手が今後あなたとの関係をどうしたいのか気持ちが変わる可能性もあります。
「妻との離婚を望んでいるわけではないから、今後一切会いません」と言ってくる女性もいれば、「離婚するなら、落ち着いたら二人の将来についてきちんと考えよう」と感じる女性もいます。
まずは一度、彼女に連絡をしてあげることが大切ですね。

写真やメール、LINEなどの証拠を全て削除する

彼女の正体や不倫の詳細がわかってしまいそうなものは、全て削除します。
特に写真やメールは本人が特定されやすく危険です。
携帯電話に着信履歴が残っている場合も、完全に消去して下さい。

またLINEでのやり取りを残しておくのもNG。
不倫がバレてしまえば、妻は夫の携帯の中身を全てチェックするはずです。
証拠となるものは絶対に残さないようにしてくださいね。

SNSでのつながりを外す

SNSから不倫相手になりそうな仲の良い女性を探そうとする妻もいます。
Facebookやインスタ、ツイッターなどつながっているSNSがあれば、友達から外して下さい。
ただし、不倫相手だけ削除するとバレる確率が高くなってしまいます。
「交友関係の整理をしたんだ」という形で、何人かまとめて削除することで不倫相手が特定されるのを防ぐことができますよ。

しばらく不倫相手との連絡を絶つ

今後は妻と離婚して不倫相手と関係を続ける場合でも、一度しばらくの間は連絡を控えましょう。
不倫相手に迷惑がかかる場合もありますし、相手の女性からしてもあなたの家庭のいざこざには巻き込まれたくないはず。
自分の罪はしっかり自分で償い、身の回りの整理ができてから新しい関係を始めるのがベストです。

人生は一度きり。後悔しない人生の選択を

万が一、妻に不倫がバレてしまえば大きな損害があなたを待っています。
妻に謝って許してもらえるならいいですが、実際はそんな簡単に解決しないもの。
たとえ離婚を防げたとしても、一生「不倫した夫」として生きていくことになります。

どちらを選んだにせよ後悔しない判断を。
不倫相手を選ぶなら二度と家庭には戻れませんし、家庭に戻るなら不倫相手との関係は断ち切らなくてはいけません。
あなたが満足できる、後悔のない選択ができることを祈っています!

スポンサーリンク
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
おすすめの記事