大学生になるタイミング、社会人になるタイミングなど、一人暮らしをするきっかけは人それぞれ。
一人暮らしは誰にも縛られないので自由ではありますが、ふとした瞬間に無意識のうちに孤独や不安を感じてしまう男性は多いはず。

家族と暮らしているときは気づかなった孤独感。
自炊や洗濯といった慣れない家事や始めての環境によって、人によってはホームシックになってしまうこともあります。

そこで今回は、そんな一人暮らしに対する不安を抱える男性のために、一人暮らしが寂しいと感じる瞬間や一人暮らしの孤独を解消する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

一人暮らしは気楽でいいけれども

あなたは一人暮らしをしたことがありますか?
それとも現在、一人暮らしを謳歌している最中でしょうか。
一人暮らしは自分の好きなように毎日過ごせますし、自分の好きな物で溢れた部屋を作ったりと自由度が大きいですよね。

掃除や洗濯といった家事も自分ですることにはなって多少面倒な部分はありますが、逆にいうと生活力も身につきます。
将来的に自立するという意味では、実益の面でも一人暮らしはいいことばかり。

しかし、その反面一人暮らしだからこそ感じるデメリットも。
それに病気や事故といった、いざというときにすぐに助けてくれる人はいません。
普段会話する相手もいないので、それが寂しいと思う人もいるかもしれません。

次から、具体的に一人暮らしが寂しいと思う瞬間を見ていきましょう。

スポンサーリンク

男が一人暮らしが寂しいと感じる瞬間

男性が一人暮らしを寂しいと感じる瞬間はどのようなときなのでしょうか?
実際に一人暮らしをしている、もしくは一人暮らしをしていた男性たちの声を集めてみました。

帰宅したときに部屋が真っ暗なとき

まず一番多くの回答があったのは「帰宅したときに、自宅の電気がついていない」こと。

仕事や外出先からへとへとになって帰宅。
家族と同居していたころは、部屋が明るく、迎えてくれる親や兄弟がいました。

しかし一人暮らしは、帰宅してドアを開けると部屋が真っ暗。
その瞬間に「ああ、一人なんだな」と一人暮らしの孤独さを感じる男性は多いようです。

さらに人によっては、家に帰る手前で自宅アパートの真っ暗な窓を見るだけで寂しさを感じるのだとか。

テレビ番組を見て一人でツッコんでいるとき

一人暮らしだと話し相手がいないので、基本的に部屋は無音。
そのためか帰宅をしてまず最初にテレビをつける人は多いのではないでしょうか?

バラエティやお笑い番組を見ながら一人で笑ったり、ツッコんだり。
しかし、ふと冷静になって「自分はなにをしているんだろう」と虚しさを感じてしまう男性もいるようです。

最近独り言が増えたと感じたとき

さきほどのテレビに向かって一人でツッコんでしまうのと似ていますが、独り言が多くなってくるのも孤独感を自覚するきっかけになるようです。
しかも、テレビの場合は芸能人やお笑いタレントなど話す対象がいましたが、独り言は話す対象がいません。
正直なところ、こちらのほう症状としては重いかも。

料理をつくっているとき、シャワーをあびているとき、パソコンやスマホを触っているとき。
無意識のうちに、言葉を発していることはありませんか?

独り言が増えてしまうのは、どうにか寂しさを感じないようにする自己防衛本能みたいなものなので、仕方がないのかもしれません。
ですが、癖になってしまうと、別に一人じゃないときも独り言を言ってしまいがちになりますので、ご注意を。

食事のメニューがほぼ固定化してきたとき

一人暮らしをしていると自炊する機会が増えます。
ですが、だいたい一回では食べきれないので、たとえば一週間同じカレーだったり、みたいなケースは一人暮らしではよくあります。

もともと料理が趣味で得意な人は問題ないですが、不慣れな人は簡単なもので済ませがち。
料理のレパートリーも自然と固定化してしまいます。

あまりにも同じものばかり食べていると

「最近、同じものしか食べてないな」
「お袋の味が懐かしいな」

と寂しさを感じることがあるようです。

病気で一人寝込んでいるとき

一人暮らしで最も辛いのが、病気で寝込んだとき。
看病をしてくれる人はいませんし、病院の予約や通院、炊事・洗濯といった普段の家事も自分一人でこなさないといけません。

ただでさえ病気で心も身体も参っている状態なのに、一人で全部やらなきゃと思うと、一人暮らしの大変さを感じるようです。

スポンサーリンク

一人暮らしの寂しさを解消する4つの方法

自由だけど、ふと寂しさを感じる瞬間がある一人暮らし。
世の一人暮らし男性は、どうやってその心にあいた隙間を埋めているのでしょう。

ここからは、一人暮らしの寂しさを解消する方法を見ていきましょう。

友人を呼んで家飲みをする

一人暮らしの寂しさの原因は、シンプルに「一人でいる時間が長いから」。
つまり、誰かに会えばいいのです。

一番身近で簡単なのが、友人を自宅に呼んで一緒に家飲みをしたり、ゲームをしたりして遊ぶこと。
毎日じゃなくても、週に何回か友達を呼ぶだけでも効果的です。
友人と楽しい時間を過ごせば、寂しさなんて感じなくなります。

SNSを始める

友人が自宅に呼べる距離にいなかったり、なかなか時間を合わせるのが難しい人は、SNSを使って寂しさを紛らわす人もいるようです。

インターネットを使えば、離れた相手とも簡単にメッセージのやり取りができる時代。
TwitterやInstagramなどで、近況をつぶやいたり、自炊した料理の写真を投稿したりして、フォロワーからの反応をもらうだけでも寂しさは和らぎます。

SNSに依存しすぎてしまう、いわゆる「SNS中毒」になってしまうと、リアルでの交友関係が狭くなってしまうので、SNSのやりすぎには注意しましょう。

ペットを飼う

社会人で一人暮らしをしている人の場合、ペットを飼い始める人は一定いるようです。

人気なのは、犬や猫、うさぎといった小動物。
帰宅すると出迎えてくれますし、休みの日も散歩に行ったり遊び相手になります。
ペットは、まさに家族の一員です。

ペット可の物件を探さないといけないのと、食費がちょっと増えるので、難易度が高いですが、お金に余裕があるのであれば思い切ってペットショップに行ってみるのもアリかもしれません。

彼女をつくる

彼女をつくりましょう!
確実に寂しくなくなります。

毎日電話やLINEをしたり、付き合いが長くなれば半同棲して一緒に生活してみたり。
確実に人生が楽しくなりますよ。

彼女をつくるなら、恋活アプリが確実

彼女ができると確実に毎日が充実します。

出会いをつくる方法はさまざまありますが、最近では男女ともにスマホの恋活アプリを利用するケースが増えてきました。
「恋活アプリで出会って、結婚しました!」なんてケースも普通になってきています。

ここでは編集部が厳選しておすすめする二つの恋活アプリをご紹介します!

国内最大級の恋活・婚活アプリ Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

ポイント① 恋愛・婚活マッチングサービスとしては国内最大級の「800万人」が利用
ポイント② 利用にはFacebookが必要なのでサクラは一切なし
ポイント③ 約100,000件のコミュニティ!共通の趣味の相手がみつかる!
※18歳未満の方はご利用できません。

累計会員数800万人以上の『Pairs(ペアーズ)』は、数ある恋活・婚活アプリのなかでも代表的なサービスです。

主に利用しているのは、20代後半の社会人の男女。
社会人になって出会いの機会が少なくなった人々が、異性との新しい出会いを求めて登録しています。

特徴的なのが、10万件以上ものコミュニティ。
好きなアーティストや映画、恋愛観から好きなお酒のジャンルまで、本当にたくさんの切り口のコミュニティが存在します。
自分の性格や趣味を表現するコミュニティに参加すれば、同じような趣味や考え方を持つ女性とマッチしやすくなる、という仕組みなんです。

無料会員でも女性のプロフィールの検索ができますし、30回まで女性へのアプローチ(いいね)もできます。
有料会員になれば、いいねの最大回数も増え、マッチング後の女性とのメッセージのやりとりは無制限に。

まずは、お試しとして無料会員から始めてみてはいかがでしょうか。

※18歳未満の方はご利用できません。

深層心理でマッチする相手が見つかる「with(ウィズ)」

with(ウィズ)


ポイント① メンタリストのDaiGo監修の恋活アプリ!
ポイント② 性格の合うおすすめの女性を毎日5人紹介
ポイント③ 診断イベントが充実!診断結果の相性がいい相手とのマッチングも可能
※18歳未満の方はご利用できません。

メンタリストとして有名なDaiGoをご存知ですか?

『with(ウィズ)』はそのDaiGoが監修する、利用者の深層心理にフォーカスした恋活アプリなんです

どういうことかというと、アプリ内の心理テストを受けると、あなたの価値観や考え方をシステムが診断し、きっと相性がいいであろう女性を紹介してくれるのです。
「付き合う相手には、考え方や価値観、趣味といった内面を重視したい」と考えている人に、まずおすすめしたい恋活・婚活アプリなんです!

診断イベントは定期的に開催しているので、それに参加するだけでも楽しめますし、マッチしそうな異性も紹介してくれるので一石二鳥ですね。
もしかしたら、心理テストに参加するだけで、Pairs以上に相性のいい女性とマッチングできるかもしれませんよ。

    ※18歳未満の方はご利用できません。

    寂しいときは積極的に行動してみよう!

    自由で気ままな生活ができる一人暮らし。
    寂しさをずっと放置するよりも、せっかくなら楽しく一人暮らしがしたいですよね?

    一人暮らしが寂しいと感じたなら、それはあなた自身が誰かを求めているということ。
    友人に会うのもよし、ペットを飼うのもよし、彼女をつくるのもよし。
    とにかく行動してみましょう!

    スポンサーリンク
    出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
    おすすめの記事