誰もが一度は憧れるであろう「社内恋愛」。
実は私も20代の頃に一度経験をしました。
相手は4つ下の新人の女の子で、席は斜め前。

彼女の頑張る姿をこんなに間近で見られるのは社内恋愛の特権・・・!
と日々の仕事にも熱が入りました。

でもやっぱり、幸せだけが長く続くわけではなかったです。
周りに内緒で付き合っていたため、何かと不便な面や気を遣うことも多いもの。
普通の恋愛とは少し違ったコツを掴んでおかないと、長くは続かないですね。

そこで今回は、社内恋愛がうまくいかないパターンと長く続けるコツを書いていきたいと思います!
上手にやれば仕事も恋愛も最高のシチュエーション。
社内恋愛を楽しくする方法を知っておきましょう。

スポンサーリンク

社内恋愛ってドキドキしますよね

社内恋愛の魅力はドキドキ感と関係性の深さですよね。

周りに気付かれないように連絡を取り合ったり、休憩中にこっそり外で話したり。
二人だけの秘密が恋愛感情を高めてくれます。

また仕事上の関係が長いと、彼氏彼女の枠を超えて仲間・同士のような深い関係になれるのも社内恋愛の良さ。
お互いの仕事での苦労や頑張りも知っているからこそ、支え合っていけるというのも魅力のひとつです。

スポンサーリンク

なぜ続かない?社内恋愛で別れてしまう理由

実は結構まわりにもいる社内恋愛カップル。
でも、なかなか続かない人が多いんですよね。

残念ながら別れてしまう、その理由とは何だったのでしょうか?

秘密にして隠し続けることに疲れてしまう

経験談であれば、私がいつも大変だったのは社内の飲み会後の帰り。

私と彼女は自宅の方向が真逆だったので、それぞれの自宅に帰るフリをして後から合流することが普通でした。
でも彼女の友人が「今日は一緒に帰ろー!」と一言。
しぶしぶ彼女は一旦自分の家に帰ってから、私のところに来ることに。

私が周囲に言いたくない派で彼女に口止めしていたので、その頃は彼女に不満がどんどんたまっていましたね。

仕事とプライベートを公私混同してしまう

また、会社にいるときに、いつも二人でいるように話してしまった!ということもよくありました。

4つ下の彼女は会社では基本敬語なのですが、話が盛り上がってくると
「それ、昨日言ったじゃん。あっ!・・・言いました。」
言ったじゃん、って・・・。

と日々、周りにバレるのではないかとハラハラしていました。
こういった気遣いが重なることで、いつしか恋愛の楽しさより苦労が増えて別れを選んだカップルもいます。

他の同僚や上司と仲良くしているのを見ると嫉妬してしまう

自分が一番つらかったのは、彼女がモテたことですね。

付き合っていることを公表していないので、周りの男性たちは自分の目の前で普通に彼女をデートに誘ったりします。
特に、上司から人気のあった彼女は食事に誘われて断れないことも。

私は「仕方ないよ。みんなは知らないんだから。」と言いつつ、いつも嫉妬の嵐でした。
この嫉妬に負けて喧嘩に発展してしまい、仲が悪くなってしまうケースもあります。

平日も休日も毎日一緒に居過ぎて新鮮さがなくなる

付き合いが長くなってくると彼女に見慣れてきます。

最初は「毎日、外でも家でも顔を見れて幸せ!」と思っていても、やっぱりいつかは慣れが来るもの。
彼女の家での顔も仕事の顔も知ってしまうと、ドキドキ感が薄れてきてしまうんですよね。

今日あった会社での出来事も言わなくてもわかってしまうので、プライベートでの会話が減ることもあります。
何か工夫をしないと恋愛感情がなくなってしまうおそれがありますね。

スポンサーリンク

社内恋愛で別れてしまったらどうなる?

いろんな苦難を乗り越えなければならない社内恋愛。

残念ながらうまく折り合いがつかず別れてしまうケースもあります。
楽しく付き合えているうちはあまり考えたくないことですが、万が一別れてしまったらどうなってしまうの?ということも考えておきましょう。

毎日顔を合わせるのが苦しくなる

毎日顔を見られて嬉しかったはずが、今後は真逆の感情に苦しめられます。
普通に恋愛していれば、会わなくなれば時が忘れさせてくれるのに。
社内恋愛ではそうはいきません。

笑っている彼女、頑張っている彼女。
ときには仕事上、話をしなくてはいけない状況もあります。
でも何だかよそよそしい彼女。

忘れたくても忘れられない環境は、とても苦しいですよね。

周りの同僚や上司からの視線がつらくなる

付き合っていることを周囲に言っていなくても、何となくバレているケースもあります。
また公表はしていないけど仲の良い同僚だけには言っている場合も。

そんな中で別れてしまった場合、二人のギクシャクした会話を見られているのは辛いですね。
周囲も自然と「あの二人何かあった?」という目で見るようになり、気まずい中で働かなくてはなりません。

仕事が手につかなくなる

別れてしまった場合、一番陥りたくないのが「仕事もプライベートも駄目になること」です。

彼女と別れた悲しさで何もする気がおきない。
自分の視線の先に彼女が見えただけで、別れたことを思い出してしまう。

「自分の何が悪かったんだろう」
「挽回できるチャンスはないのか」
「もしかして次はあいつと付き合うのか?」

仕事と全く関係ないことを考え始めて、抜けられなくなる場合があります。

最悪、異動や転職を希望する人も

あまりの辛さに異動を希望する人もいるでしょう。
もちろん恋愛の辛さは相当なものです。
ましてや別れた彼女が目の前にいるなんて、苦痛でしかありませんよね。

別れた途端彼女が急に冷たくなり、うまく会話すらできないこともあります。
でも、それを理由に部署や仕事を変えなくてはならないのは残念なこと。
どちらも両立できるような工夫をしていきたいですよね。

社内恋愛を長続きさせるコツ

やっぱり出来ることなら社内恋愛を楽しみたい!
そして仕事も大切な人生の一部。
どちらも大事にしながら長く続けていきたいですよね。

最後は、二人が仲良く関係を続けていけるためのコツをご紹介します。

仕事中はビジネスライクな関係で

「仕事は仕事、プライベートはプライベート」これが鉄則です。

そうすることで仕事中に彼女を気にして仕事がおろそかになることはありませんし、社外では彼女とのドキドキ感を持続できます。
「もし同僚の社内恋愛カップルが会社でベタベタしていたら・・・」
そう考えると、冷静に自分たちのスタンスを見直すことが出来るかもしれませんね。

私生活に仕事を持ち込まない

反対に、彼女とのプライベートな時間は仕事モードをオフにするのも長く関係を続ける秘訣です。

続かない社内恋愛のパターンは、どうしてもどちらかに偏るんですよね。
ずっと恋愛モードかずっと仕事モードとなり、メリハリがなくなってしまうんです。

特に一緒に働き続けた期間が長いカップルは仕事中心の会話になりがち。
社内とデートでの会話が一緒だとマンネリが起こる原因にもなります。

離れた部署への異動を希望する

同じ部署内で社内恋愛をしてしまうと、プライベートでも仕事の話をしがちです。
実際に私もそうでした。

解決策としては、少々大胆ですが、思い切ってどちらかが業務内容も違う部署に異動する、という手があります。

会社で会えないのは少し寂しくなりますが、仕事について喧嘩することは少なくなるはず。
お互いに新しい情報を入れることで話題が尽きなくなった!というケースもありますよ。

思い切って社内にオープンなお付き合いにする

将来結婚を考えているのであれば、周りに伝えてしまうのも良いかもしれません。
オープンにして周囲の公認のカップルになってしまえば、周りも遠慮しなくてすみます。

ただし、たとえ二人に何かあったとしても周りの応援が大きいと別れづらい雰囲気にはなってしまいますね。
二人の将来や会社の雰囲気も考え、大丈夫そうであればオープンにするのも一つの方法です。

大変だけど毎日幸せな社内恋愛を精一杯楽しんで!

大変なことも多い社内恋愛ですが、コツを掴めば毎日が楽しくて幸せになります。
普通の恋愛より、お互いを知る機会が多い社内恋愛から始まる二人の関係。
最初のときめきを忘れないよう適度な距離を保ちさえすれば、生涯素敵なカップルになれるはず。

周囲への気遣いや少しの苦労も、とことん楽しみながら社内恋愛をしていきましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事