気になる女性ができたとき、おそらく多くの男性が次に考えるのは「どうやってデートに誘おうか」ですよね。

特に「サシ飲みデート」は女性との距離が縮まりやすいので、誘いたい男性も多いはず。
流れによっては、お酒の勢いで女性と良い雰囲気になり、告白して付き合えるチャンスも十分にありえます。

しかしサシ飲みデートは飲みである以上、女性の警戒心も高くなります。
デートの誘いに簡単に応じてくれるかというと、なかなかそう簡単にはいかないところ。

そこで今回は女性に断られてしまうダメな誘い方と女性が応じてくれやすい自然な誘い方を6つご紹介。
気になる女性を飲みに誘いたい男性は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

女性に断られてしまうダメな誘い方

まずは女性に断られてしまうダメな誘い方をご紹介します。

男性のほとんどは気になる女性を前にすると、誰でも緊張してしまいますよね。
緊張すると冷静に考えられなくなり唐突に誘ってしまう、相手の都合を考えずに自分勝手に誘ってしまう人が多いのです。

どういう誘い方がダメなのかをしっかり知っておけば、誘い方で失敗することはなくなるでしょう。

なんの理由もなく「飲みに行きませんか?」

女性があなたに興味を持ってくれているならこんな誘い方でも大丈夫ですが、ほとんどの場合そのような状況ではないでしょう。

好感も抱いていない男性に飲みに誘われるのは、女性は不安に感じるものです。
理由もなく飲みに誘うなんて、酔わせてホテルに連れ込もうという下心があるのでは?と思われても仕方ありません。

きちんと理由が作れないなら、「飲み」というワードは出してはいけません。

あまりお酒が飲めない子なのに「飲みに行きませんか?」

あまりお酒が強くない女性を飲みに誘ってしまうのはナンセンス。

お酒が飲めない女性を飲みに誘ってしまうと、「私のことはあまり考えてくれない自分勝手な人だな。」と女性は思ってしまい、あなたの好感度が下がってしまいます。

また仮に飲みに行けたとしても、女性は「飲めないこと」にストレスを感じてしまい、せっかく誘ったデートも楽しい雰囲気にならず、ぎくしゃくした関係になってしまうかも。

気になる女性のことを事前にリサーチして、お酒が飲めないとわかっているのであれば、「飲みに行きませんか?」ではなく「ご飯に行きませんか?」という誘い方をしてみましょう。

用件も言わずに「この日空いてる?」

デートと思われたくないのか、用件も言わずにさきに日程だけ聞いてくる男性がいます。
正直言ってこれは相手のことを考えていない一番ダメな、かつ卑怯な誘い方です。

特に男性が女性よりも立場が上だった場合は女性は断りづらくなりますし、相手の立場を考えないこんな誘い方をする人に好感を抱く女性はいないと思っていいです。

飲みに誘いたいのであれば、ちゃんと用件を伝えてくださいね。

スポンサーリンク

自然に誘うための重要な3つのポイント

具体的な誘い方を紹介する前に、自然に誘うための重要な3つのポイントを解説します。
このポイントさえ知っていれば、これから紹介する誘い方以外でもうまく女性をサシ飲みデートに誘うことができますよ。

誘う時はさりげなく

話題のお店や珍しいイベントなどの情報を会話のなかに出してみましょう。
もし女性が興味を持って聞いてくるのであれば、軽いノリで「今度行ってみる?」とさりげなく言えば、違和感なく上手に誘えます。

逆に女性の反応が悪い場合、そのまま話題を変えてしまえば女性に本気でデートに誘っていると感づかれることもありません。
時期をみて、再度気になる女性にアタックすることもできるでしょう。

女性にとって行く理由を作ること

相手にデートに行く理由を与えてあげましょう。
「デート」となると少し重たく感じてしまう女性もいます。
そのため「新しいお店に行きたいから」や「奢りだったから」という別の理由を作ってあげれば、誘いに応じやすくなります。

最後の選択権は女性に持たせる

人間誰しも、他人から押し付けられると、嫌な気分になるものです。
飲みに誘うときも一緒で、こちらから一方的に誘うのではなく、あくまで行くかどうかは女性側に選択権を渡すことが大事です。

具体的には「飲みに行こうよ」ではなく、「飲みに行きませんか?」という誘い方をしましょう。
女性側は自分の意思で飲みにいくかどうかを決めるので、急なドタキャンも防ぐことができるでしょう。

もし断られても、仕方ありません。焦らず次のチャンスを待ちましょう。

スポンサーリンク

サシ飲みデートの自然な誘い方6つ

サシ飲みデートの自然で上手な誘い方を6つ紹介します。
すぐに使える誘い方なので、気になる女性がいたらこれらの誘い方でサシ飲みデートに誘いましょう。

日頃の感謝を込めて「今度おごらせてよ」

仕事で手伝ってもらった、プライベートでサポートしてもらったなど、気になる女性があなたを助けてくれた場合は、サシ飲みデートに誘いやすいタイミングです。

「感謝」を強調しすぎると相手は違和感を感じるため、「この前は色々と手伝ってくれてありがとう。お礼がしたいから今度奢るよ。」と軽い感じで誘うようにしてください。

女性に「お礼」という理由ができるので、デートにも応じてもらいやすくなります。

新しいお店がオープンしたので「一緒に行ってみようよ」

会話の中で新しいお店がオープンした話題を出してみましょう。
そのお店がどれだけ人気なのか、素晴らしいかを伝えれば、女性の行きたい気持ちが高まります。

女性が「行ってみたい」と言ったら、自然と「今度一緒に行ってみる?」と誘ってみてください。
新しいお店に行くので、デート中の話題にも事欠きませんね。

真剣な雰囲気で「ちょっと相談があるんだけど」

真剣な表情で「いきなり相談がある」と言われると、「何かあったのかな?」と相手は心配してくれます。

「ここじゃ話せないから、時間がある時に飲みながら話を聞いてくれる?」と言えば、まず断られることは少ないでしょう。

この誘い方はある程度信頼関係ができている時にしか使えませんので、ほとんど初対面の時は使わないでくださいね。

また相談内容の選択は注意してください。
例えば女友達の誕生日プレゼントの相談など、軽い話題にしておきましょう。
重たい話題や愚痴などは相手の好感度が下がってしまいますよ。

帰り道、話が盛り上がったので「もっと話したいから一杯行こう」

帰り道に話が盛り上がったなら、それは絶好のチャンスです。
そのまま帰るなんてもったいない。

相手も楽しかったのなら、「もっとこの人と話をしてもいいかな?」と思っているはず。
思い切って「もっと話したいから、一杯行かない?」と誘ってしまいましょう。

相手も「私と話していて楽しいんだ!」とうれしい気持ちになって、誘いにのってくれやすくなります。

ゲームの賭けで「あなたが勝ったら好きなもの食べさせてあげる」

ゲームの賭けだとデートだと思われにくくなります。
女性が勝ったら好きなものを奢ってあげればいいですし、あなた自身が勝ったら「好きなものを食べさせて。」と女性に甘えてしまいましょう。

意外とそのように言ってくる男性はいないので、誘いにのってくれる女性はいるかもしれませんよ。

大変な仕事だったので「全部終わったら一緒に打ち上げをしよう」

大変な仕事が全部終わった時は打ち上げという口実でデートに誘うのも手です。

大変な仕事をしていると、そのことに心がとらわれてストレスがたまってしまいます。
そのストレスから解放された時、誰でも羽目を外したくなるものです。

飲みに行って、仕事の話をつまみに関係を深めましょう。

サシ飲み相手がいない!?異性の飲み友達の作り方

さて、これまでサシ飲みの自然な誘い方を紹介してきました。

とはいえ、
「女の子とサシ飲みしたいけど、ちょうどいい人が近くにいないよ」
「キャバクラは高いから、行きたくない」

そんな声の男性も多いでしょう。

でも心配しないでください。
誰でも簡単に異性の飲み友達を見つける方法があるのです!

マッチングサイトPCMAXで飲み友達を見つける

PCMAX

ポイント① 10年以上の運営実績、累計会員数1000万人越えの老舗マッチングサイト
ポイント② 女性誌に多数広告掲載。20代の女の子と出会えるチャンス!
ポイント③ 無料で使える機能が満載!うまく使えば低予算で女の子とマッチングできる!
※18歳未満の方はご利用できません。

出会いマッチングサイト「PCMAX」は累計会員数1000万人超の老舗マッチングサイト。
さまざまなジャンルの掲示板が充実していて、目的別に女性とマッチングすることができます。

なかでも「お食事でも」というジャンルの掲示板をつかえば、気軽にごはんや飲みにいける友達が見つかるかもしれません。
しかも会員登録から、掲示板での飲み友募集まで完全に無料です。

以下のボタンから気軽にスタートできるので、近場でサシ飲みできる友達を探してみては?

※18歳未満の方はご利用できません。
スポンサーリンク
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
おすすめの記事