現代社会は非正規雇用者や正社員の待遇低下による経済的不安、長時間労働による出会いの少なさなどによって結婚できない未婚男女が増えています。

しかしやむを得ない理由ではなく、一方で自ら一生独身を選ぶ男女もいるようです。
なぜそのような人々は一生独身を選ぶのでしょうか?

そこで今回は生涯独身のメリットとデメリット、生涯独身を覚悟した時にやるべきことをご紹介します。

スポンサーリンク
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

未婚率は男女ともに年々高くなっているってホント!?

男女未婚率は本当に年々高くなっているのでしょうか?
内閣府が作成したデータから調べてみましょう。

まずは男性未婚率を見てみましょう。

出展:内閣府

1985年の男性未婚率は25~29歳で60.6%、30~34歳で28.2%、35~39歳で14.2%でした。

2015年の男性未婚率は25~29歳で72.7%、30~34歳で47.1%、35~39歳で35.0%となり、1985年と比較して明らかに増えています。

次は女性未婚率です。

出展:内閣府

1985年の女性未婚率は1985年では25~29歳で30.6%、30~34歳で10.4%、35~39歳で6.6%でした。

2015年の女性未婚率は25~29歳で61.3%、30~34歳で34.6%、35~39歳で23.9%となり、1985年と比較してこちらも増えています。

このデータから明らかに未婚率が男女ともに増えているのが分かりますね。

スポンサーリンク

男性が一生独身を選ぶ理由

ほとんどの人が独身という言葉に「寂しい」、「孤独」というイメージを思い浮かべるのではないでしょうか?

1人暮らしの部屋に帰ってきても、部屋の電気はついていない。
帰ってきても、「おかえり」という声をかけてくれる人もいない。
休日になってもすることもないので家にこもりがち。

しかし独身を貫く男性にはそのような孤独というデメリットより、独身でいるメリットの方が大きいようです。

ここでは一生独身を選ぶ男性の代表的な理由をあげてみます。

自分が稼いだお金を自分のためだけに使えるから

社会人になると自分で稼ぐようになり、1ヶ月で数十万円も手に入れることができます。
独身だとそのお金を全て自分のためだけに使うことができます。

家族を養うための出費はありません。

たとえば、学生の頃にお金がなくてできなかった趣味や、キャリアアップのために数十万円もする英語教室や資格学校に通うなど。

誰にも縛られず自分の時間を自由に使えるから

独身の一人暮らしだと家に待っている人はいません。
そのため、自分の過ごしたいように自分の時間を使うことができます。

仕事帰りに「飲みに行きたいな。」と思えば、そのまま飲みに行くことができます。
朝帰りしようと誰にも文句は言われません。

また長期連休が取れれば、自分の好きな所に何日も旅行に行くのも簡単です。

仕事や住む場所を自分で決められるから

仕事をしていると、転職したくなる時も出てくるでしょう。
独身だと自分さえ納得すればいいだけ。
転居を伴う転職、海外への転職も問題ありません。
転職する際に誰かにお伺いを立てる必要もありません。

また、住む場所も自由に決めることができます。
家族を養っていると奥さんの仕事や子供の学校などで制約が生まれますが、独身だとしばられることはありません。

結婚すると夫婦や子育てのストレスがあるから

結婚するとパートナーと一緒に暮らすことになりますが、やはりパートナーは他人です。
他人と一緒に住むのは、どんな人でもストレスがかかるものです。

特に独身時代に一人の時間を大切にしていた人ほど、そのストレスは耐え難いものになるかもしれません。

また子供ができれば、子育てや保護者同士の付き合いというストレスもかかってきます。

結婚しなくても一人で生活ができるから

数十年前は「家事は男がやるものではない」という考えが強く、家事をやったことない男性が多い時代でした。

しかし近年では男性も家事をするのが当たり前。
料理や掃除などの腕前が女性顔負けの男性も珍しくありません。

インターネットも発達して、家の中から食料品、家電など生活必需品を買うことだってできます。
家で待っていれば、配達員が届けてくれますものね。

それだけ便利な世の中になっているので、結婚して誰かに頼らなくても一人で生活することができます。

いろんな女性と遊びたいから

いろんな女性と常に触れ合っていたいのは男性の性。

結婚しなければいくらでも女性と遊ぶことができます。
いろんな女性とデートすることもできますし、キャバクラや風俗に行って女性と遊んでも何の問題もありません。

また女性と触れ合っていると自然と身だしなみに気を付けるようになり、若さを保てるという理由で結婚しない男性もいるようです。

スポンサーリンク

一生独身でいることのデメリット

一生独身のメリットをいくつか挙げてきましたが、逆に一生独身のデメリットはどんなことがあるのでしょうか?

次は一生独身の代表的なデメリットをご紹介していきます

家庭を持つ幸せを経験することができない

私は独身なので家庭を持ったことがないのですが、家庭を持った友人に聞いてみると言葉にできない幸せを感じていると話していました。
「独身よりも時間の充実度が上がった!」と友人は言っていました。

特に子供ができると、子供と一緒に遊んだりすることが多くなりあっという間に時間が過ぎてしまうそう。

家庭を持つというのはそれほど幸せで心の充実につながるようです。

独身を貫くと、そのような幸せを一生経験できなくなります。

自分の遺伝子を後世に残せない

人生を送っていく目的として「後世に何かを残す」ということを挙げる人も多いはず。

家庭を持てば、自分の子供というものを後世に残すことができます。
また子供がいれば、自分のことを子供から孫へとずっと伝え続けていってくれ、誰かが自分のことを覚えてくれるということにつながります。

老後も一人で過ごすことになる

家族がいないと、老後は一人で生活することになります。
年齢を重ねるとだんだんと体が動かなくなってきて、病気で介護が必要となる場合も。

老人ホームに入るお金がある人は大丈夫かもしれませんが、お金がない人は誰かに見てもらわないといけません。

家族がいないと、誰も自分の世話をしてくれないのです。

孤独死を覚悟しなければならない

家族がいれば誰かが自分を気にかけてくれ、離れて暮らしていても定期的に様子をうかがったりしてくれます。

しかし独身の場合はどうでしょうか。
老後は、親や兄弟も年をとっているので亡くなっている場合も多くなってきます。

親や兄弟が亡くなるとその分人間関係も狭くなっていくので、自分を心配してくれる人も減っていきます。

最悪の場合、孤独死という末路をたどってしまうかもしれません。

本気で一生独身を覚悟したならやるべきこと

それでも「一生独身がいい!」と思う人は若いうちに一生独身で過ごすための準備をしておきましょう。

ここからは一生独身を覚悟した時にやるべきことを具体的に紹介していきます。

一生親友と呼べる人を見つける

独身で一番辛いのは、孤独でずっと過ごしていくこと。

今から積極的に異業種交流会やサークルなどに顔を出して、知り合いを増やしていくことで、寂しい老後を過ごす必要がなくなります。

一生付き合っていけそうな親友ができれば、独身でも寂しくありません。

老後に必要なお金を確保しておく

老後は病気や介護で多くのお金が必要になってきます。

また年をとればとるほど、就職口はなくなっていくのでお金を稼ぐことも難しくなっていきます。

老人ホームの費用、老後に必要な生活費などを働けるうちに少しでも準備するようにしてください。

孤独にならないよう老後でも楽しめる趣味を見つける

老後でも楽しめる趣味を先に見つけておきましょう。
良い趣味を見つけるポイントは2つ。

  • 他人と関われること。
  • 健康維持ができること。

私のおすすめは「ボーリング」です。
ボーリングは有酸素運動となり、体力維持をしつつチームやサークルに入れば他人と関わることができます。

どんなふうに死にたいかを想像しておく

生涯を閉じる時にどこでどうやって死にたいかを想像しておくことも重要です。

元気なうちにエンディングノートなどに書いておき、あなたの死後に周囲の人がどうすればいいか困らないようにしておきましょう。

本当に一生独身でいい?

「一生独身」と決めて、あとから「やっぱり結婚したい!」と思っても年齢的に厳しいことがあります。
「一生独身でいい!」と思っている人ももう一度考えてみて、本当に独身でいいのか?結婚したくないのか?を自問自答してみましょう。

スポンサーリンク
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
おすすめの記事